分蜂の季節

一週間前に見た時にはなかったのに、一昨日見たら王台(女王蜂の蛹)が3つもできていました。上の写真の中央右側にピーナッツの殻のようなものが見えていますが、それが王台です。あぶなく分蜂してしまうところでした。本当にこの時期は気が抜けません。すぐに王台ができている巣板を含む数枚を別の巣箱に移し、増群させることにしました。

数日経つとこの王台から女王蜂が生まれるはずです。つまり1群増えることになります。増やしたくない時は、その王台をつぶして女王蜂の幼虫を殺してしまいます。可哀想ですが、放っておくと分蜂してしまうので仕方がありません。我が養蜂場では冬の間に1群減ってしまったので、増群させて元に戻そうと思います。

ところで王台は3つありました。しかし女王蜂が3匹生まれることはありません。最初に生まれた女王蜂が残りの王台を壊して、殺してしまうんだそうです。万が一、生まれてしまった場合には女王蜂同士の生き残りをかけた決闘になるそうです。生き物の世界って厳しいですね。

小径養蜂はこちら

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です