新女王の誕生

先週新しく設置した巣箱を確認したところ、王台(女王蜂の蛹)が開いていました。女王蜂が羽化したもようです。写真で王台に首を突っ込んでいるのは生まれた女王蜂ではなく、働き蜂です。蛹の中を掃除しているんです。生まれたての女王蜂は働き蜂との区別がつきにくく、なかなか発見できません。この日は残念ながら新女王に対面することができませんでした。

新しい女王蜂は、生まれて1週間ぐらいの間に受精飛行に飛び立ち、雄蜂と交尾します。雄蜂たちにとっては生涯に1度あるかないかの働き時です。それでも実際に交尾できるのはごくわずか。雄蜂たちは蜜を集めることも花粉を集めることもできず、働き蜂に養われるだけ。その上、多くの雄蜂は唯一の仕事である交尾の機会も得られず、そのうち巣箱を追い出されて野垂れ死にすることになります。

小径養蜂はこちら

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です