落花生

落花生の花が咲いています。小さくて可憐な花です。そのうちこの花はしおれるように首を垂れ始め、地面に落下していきます。でも、牡丹のように花が落ちるわけではありません。花は細い茎でつながったままです。

不思議なことに枯れた花はそのまま土の中に顔を突っ込んで、地面の中で種子をつくります。それが落花生です。

種がふくらんで食べられるようになると、カラスがやってきて地面をほじくり返します。地面の中にもかかわらずカラスは種が食べ頃になってきたことを察知するのです。まったく憎きカラスですが、その頭の良さにはほとほと感心します。小径ファームではカラスに食べられないよう、ネットを張って育てています。

落花生と言えば通常は炒ったものを殻を割って食べますが、取り立ての落花生は塩ゆでが一番おいしいんです。生落花生はスーパーではまず手に入りません。見つけたら大ラッキーです。小径ファームはその生落花生をほんの一時期だけ販売します。お買い逃しのないよう、HPをこまめにチェックしていてくださいね。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です