ニラの花

ニラはとても丈夫な野菜です。種がどこからか飛んできて、畑のあちこちに自然に生えてきます。販売用に作るのならそれなりに手入れが必要ですが、自分で食べるだけなので放っておくだけです。

ニンニクやタマネギなどもそうですが、本格的に作る場合には花は咲かせません。トウだちして蕾ができてきたら摘んでしまいます。花に栄養分をとられてしまうからです。でも小さな白いニラの花はとても可憐です。眺めていると一時、真夏の暑さを忘れさせてくれます。

花が咲き終わると当然種ができます。その種がこぼれてどんどん増えていきますが、ニラは根っこでも増えていきます。植物の生命力を改めて感じさせられる野菜です。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

驟雨と虹

今年の夏は大気がとても不安定な状態が続いています。畑にいるとまわりがよく見回せるので、どのあたりで豪雨となっているかよくわかります。

つい先日も午後から天気が一変して激しい雨となりました。その直前、真っ黒な雲が東の空に広がっていました。かなり近いところで激しい雨が降っているようですが、こちらはまだ降ってはいません。西の空はまだ晴れていて太陽が出ています。このような時は必ず虹が出現します。

はやく片付けて雨宿りをしなければと思いつつ、見とれてしまいました。なんだか願いを叶えてくれそうな……。

結局この後、ずぶ濡れとなりました。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

ひまわりとミツバチ

ひまわりが大きな花を咲かせています。ミツバチはせっせと花粉を集めています。後ろ足の付け根のところに花粉のかたまりが見えますね。このようにして花粉を巣に運びます。

花の蜜と花粉はミツバチたちの重要な食料です。毎日30度を超える真夏はミツバチたちにとっても過酷な環境ですが、早朝からあちらこちらの花を訪れて仕事をしています。こちらはそろそろ夏バテ気味ですが、ミツバチを見習わなければ……。

小径ファーム&小径養蜂はこちら