スズメバチの季節

スズメバチの季節がやってきました。8月下旬から10月ぐらいまでスズメバチがミツバチを襲撃します。気の抜けない季節です。

もっとも恐ろしいのはオオスズメバチです。大きさは4~5センチもあり、まるでヘリコプターのような音を立てて飛び回る姿を見ると、恐怖感を覚えます。刺されれば死に至ることもあります。そんなオオスズメバチが集団でミツバチの巣箱を襲います。巣箱の入り口を集団で取り囲み、出入りするミツバチを片っ端からかみ殺していきます。巣箱の前はミツバチの死骸の山となります。入り口に金網を張ってあるので巣箱の中に入ることはできませんが、それでもミツバチの群は大打撃をこうむります。スズメバチ捕獲器を取り付けている巣箱もありますが、それでも万全ではありません。

写真は捕獲器で捕らえたオオスズメバチです。巨大な顎で金網を噛み切ろうとしています。捕獲器にかかるのは一部でしかありませんので、見付け次第こちらも戦闘態勢をとります。防護服で身を包み、ハエ叩きのような器具で叩き潰します。怖いなどとは言っていられません。とは言え、ずっと見張っているわけにもいきませんので、粘着タイプのねずみ取りをまわりに置いたりして対処しています。

他にもやや小型のキイロスズメバチも頻繁にやってきますが、そのお話しは次回ということにしましょう。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です