雪が……

11月24日は天気予報通り雪が降りました。それもかなり本格的に。東京での11月の降雪は54年ぶりだそうですが、埼玉では14年ぶりだそうです。東京に比べると埼玉はやはり寒いんですね。夏は暑いですし。

写真は前回紹介したニンニクです。ニンニクは雪にも耐えます。完全に埋もれても枯れません。雪が溶けると顔を出します。こうして冬を越します。手前にはタマネギが植えてあります。細い葉が飛び出しているのが見えるでしょうか。タマネギもニンニク同様、寒さに耐えます。

埼玉の観測地は熊谷なので川越近辺のデータはよくわかりませんが、実は川越郊外や鶴ヶ島近辺は、秩父地方を除いた埼玉の平野部では一番寒いという話を聞いたことがあります。

それは実感としても確かにうなずけます。北部の深谷あたりでは真冬でもネギが元気よく青々と育っていますが、このあたりでは凍ってしまって地上部の葉は枯れてしまいます。ダイコンもホウレンソウも凍ります。ですから冬になると、ハウス栽培かトンネル栽培をしない限り、商売になるような野菜は作れません。

私も2~3年前まではトンネル栽培を試みていましたが、もうやめました。1人でやるには効率が悪く、しかも冬の間、強風が吹き抜けるので、ビニールが度々吹き飛ばされてしまうからです。そのかわり、サトイモを多めに作り、凍らないように対処して真冬の間でも出荷し続けます。

それでも冬は農家にとって厳しい季節です。とくに今年の冬は寒そうなので、新しい冬の過ごし方を考えなければ。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

ニンニクの芽

ニンニクは播種から収穫まで10ヵ月ぐらいかかります。野菜の中ではかなりの長期間を要する植物です。関東ではだいたい10月ぐらいが蒔き時です。種蒔きと言っても蒔くのはニンニクそのものです。要するに球根です。毎年収穫したニンニクの一部を種として残しておいて、そのニンニクの1片1片を種として蒔きます。

数日経つと発芽します。写真は発芽したニンニクで、これが本当のニンニクの芽です。スーパーで売っているニンニクの芽は実際には芽ではなく、花茎です。5月ごろになると花茎が伸びてきて花を咲かせます。その花茎を食べているんです。花が咲くのですから種(本当の)ができてもよさそうですが、通常はできません。球根で増やします。

商売に支障が出ると困るのであまり言いたくないのですが、お店で買ってきたニンニクの1片を庭やプランターに蒔いても同じように発芽します。来年5月ごろには新しいニンニクが収穫できます。でもなるべく買ってください。お願いしま~す。

小径ファーム&小径養蜂はこちら