ニンニクの芽

ニンニクは播種から収穫まで10ヵ月ぐらいかかります。野菜の中ではかなりの長期間を要する植物です。関東ではだいたい10月ぐらいが蒔き時です。種蒔きと言っても蒔くのはニンニクそのものです。要するに球根です。毎年収穫したニンニクの一部を種として残しておいて、そのニンニクの1片1片を種として蒔きます。

数日経つと発芽します。写真は発芽したニンニクで、これが本当のニンニクの芽です。スーパーで売っているニンニクの芽は実際には芽ではなく、花茎です。5月ごろになると花茎が伸びてきて花を咲かせます。その花茎を食べているんです。花が咲くのですから種(本当の)ができてもよさそうですが、通常はできません。球根で増やします。

商売に支障が出ると困るのであまり言いたくないのですが、お店で買ってきたニンニクの1片を庭やプランターに蒔いても同じように発芽します。来年5月ごろには新しいニンニクが収穫できます。でもなるべく買ってください。お願いしま~す。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

“ニンニクの芽” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です