春はもうすぐ

立春を過ぎてもまだまだ寒い日が続きますが、それでも季節は少しずつ動いています。すでに梅の花は満開に近く、桜の木々もこころなしか枝の花芽が膨らんできているような気がします。

畑はというと、まだまだ冬景色。でもよく見ると、春の訪れを告げる小さな花があちこちに咲いています。写真の青い花はオオイヌノフグリ。とても小さな花ですが、よーく見ると結構きれいな花です。日本の在来種にイヌノフグリというもっと小さな草花があるのですが、これは外来種。ここでも外来種が在来種を駆逐しているようです。イヌノフグリというのは何とも滑稽な名前ですが、種の形が犬のタマタマに似ているからだそう。種ができたら観察してみましょう。

ピンクの花はホトケノザ。春の七草に入っているホトケノザは本当はコオニタビラコという別種だそうです。ややこしいですね。このホトケノザは食べられませんのでご注意を。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です