キクイモの花

毎年お彼岸の頃になるとキクイモの花が咲きます。名前の通り菊のような花です。で、名前の通り芋もできます。このキクイモ、キク科ヒマワリ属だそうです。ヒマワリの仲間なんですね。

キクイモの芋はもちろん地下にできます。ゴツゴツした拳よりもやや小さな塊茎です。芋と言ってもデンプンはほとんど含まれないので、カロリーは極めて低い。その上、イヌリンというインスリンに似た成分が含まれているため、健康食として注目されています。芋自体にはさほど味がなく、淡泊。煮たり焼いたり、漬け物にしたり、まあどんな調理法でも食べられます。

キクイモは11月から4月ごろまで収穫できます。真冬の野菜が採れない時期なので重宝するのですが、まだ知名度が低いため、スーパーに出してもあまり売れません。もっともっと注目して欲しい食材です。

ところでこのキクイモ、とても生命力が強く、一度植えるとどんどん増えていきます。逆にもう栽培を止めたいと思っても、なかなか根絶やしにすることができません。前回取り上げたオクラも同じですが、人間が食べて体にいい野菜はとにかく生命力が強い。その生命力にあやかれたら最高です。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です