ミツバチとアメリカセンダングサ

今の時期、そこいら中の空き地を黄色く染めているのはセイタカアワダチソウとアメリカセンダングサの花です。いずれも外来植物で繁殖力旺盛。どこにでも生えてきます。

アメリカセンダングサは、秋になると写真のような黄色い小さな花を咲かせます。ミツバチたちはこの花が大好物。せっせと花粉を集めています。写真のミツバチを見てください。足の付け根に花粉の固まりが付いていますね。こうして花粉を巣に運んでいきます。

どんどん増えていくので雑草と考えるとやっかいな植物ですが、ミツバチにとっては貴重な栄養源なので、我が農場では畑として利用しているところ以外はそのまま放置しています。花の時期が終われば刈り取らなければなりませんが、アメリカセンダングサは種ができるとこれがまたやっかい。種の先にカギ状の針がついていて衣服にびっしりとくっついてしまいます。払ったくらいでは取れません。我が愛犬も畑を走り回っているうちに全身種だらけとなり、後始末に一苦労です。

人間にくっついたり動物にくっついたりして、あちこちに種が運ばれ、またその地で勢力を広げていく。その繁殖力には脱帽です。

小径ファーム&小径養蜂はこちら