歩く姿は百合の花

もう何度もここに書いていますが、畑にはいろいろな植物が勝手に生えてきます。先日草刈りをしていたら、草の中に1本のユリが花を咲かせていました。

ユリといってもいろいろな種類がありますが、これはタカサゴユリのようです。テッポウユリの仲間で、テッポウユリとは見分けがつきにくいですが、お盆の時期に咲いているのは外来種のタカサゴユリだそうです。テッポウユリは在来種ですが、花が咲くのは5月から6月ごろなのでそこで区別がつきます。もっともテッポウユリとタカサゴユリは非常に近い仲間なので、随分自然交配が進んでいるそうです。

花が終わるとたくさんの種を付け、その種が風で運ばれてまた新たな場所で発芽し、球根を太らせ、やがて花を咲かせます。球根がある限りそこで毎年咲き続けてもよさそうなものですが、ユリは同じ場所に何年も生息することができず、数年経つと消えてしまうそうです。おもしろいですね。

女性の美しさをたとえて、「歩く姿は百合の花」と言いますが、女性の歩く姿とこの百合の花を結びつけるとは相当な想像力ですね。でもまあ美しいことについてはもちろん異論はありません。刈るのが忍びなく、1本だけ残しておきました。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です