キウイフルーツ

我が農園に1本だけキウイフルーツの木があります。 10年ぐらい前ですが、ホームセンターで買ってきたオス1本とメス3本の苗を、以前借りていた畑の一画に植えたのが始まりです。その後2回ほど畑の引っ越しがあり、そのつど植え替えていましたが、4本のうち3本は枯れてしまって、残ったのがこのメス1本だけでした。キウイはオスの木がないと結実しないはずですが、この木は毎年たくさんの実を付けます。きっと近所のどこかにオスの木があるのでしょう。

ハウス用パイプで棚を作って這わせていましたが、今年の2月に降った雪でつぶれてしまいました。その後畑仕事に追われて、修繕もせずほっぽらかしでしたが、こうして丈夫に生きています。

キウイの実は追熟させなければそのままでは食べられません。リンゴと一緒に袋に入れておくと追熟すると言いますが、今流行りの甘いリンゴではあまり効果がなく、紅玉など昔ながらのすっぱいリンゴがいいようです。ただし紅玉は今はスーパーなどで見かけることがあまりなく、あったとしても値段が高い。我が家ではエチレンを発生する追熟材を使用しています。

さてこのキウイ、まったく手入れをしていないので実が小さく、追熟しても少し酸味が残ります。でも慣れればそれもまた美味。毎日飽きるほど食べ続けていますが、まだまだ在庫が大量にあります。写真でご覧の通り、摘みきれずに残っている実もたくさん。もったいないですよね。来年は剪定、摘果して大きな甘い実を作ろうと思います。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA