たかが支柱、されど

野菜作りに欠かせない農業資材のひとつに支柱があります。まっすぐの支柱やトンネル用の支柱など、かなりの本数が必要になります。

ところでこの支柱、ホームセンターで売られているほとんど、というよりもほぼすべてが緑色。いつも思うのですが、なぜみな緑色なんでしょう。植物相手だから? でもそれがとても困るのです。夏になると畑は緑一色になります。そうすると支柱が目立たなくなる。それで困るのが草刈りです。刈り払い機で草刈りをしているときに、支柱があることをついうっかり忘れてしまい、草と一緒にチョン切ってしまうのです。これまでに何本、草と一緒に刈り取ってしまったことか。メーカーさん、オレンジ色とか黄色とか目立つ色の支柱を作ってください。お願いします。

それからこの支柱、様々な長さのものがあって用途に合わせて選べるのはいいのですが、短いものは細く、長いものは太い。当たり前のようにそうなっています。これ、合理的なようで実はそうとも限りません。短いものは細すぎてすぐに折れてしまいます。一応2種類の太さがあるのですが、太いほうでもまだ細すぎます。もっとしっかりした丈夫なものが欲しいのですが、ありません。

これらを作っているメーカーはそう多いとは思えませんので、競争原理が働かないのでしょうか。これに限らず、あまり進化や工夫がみられないジャンルって結構ありますよね。

私がいつも切実に欲しいと思うのが、ハンディな電動草刈り機。ディスクグラインダーのような作りで、ディスク部分が丸ノコの歯のようになっていて、草が刈れるもの。畑で使うのでもちろん充電式。ディスクグラインダーで代用できないことはないですが、それほど強力である必要はないので、もっと安く手軽に使えるものができないものでしょうか。そんなのがあったら私は即買います。メーカーさんいかがでしょう。

平成最後の…

2019年が始まりました。平成最後のお正月です…とお祭り騒ぎで言えるのがなんだか不思議な気がします。と言うのも、改元は天皇崩御に伴って行われるという認識が刷り込まれているからでしょう。昭和から平成に変わったのが昭和64年。前年の年末から昭和天皇のご容態がかなり悪いということが知れ渡っていたので、この年の正月はおめでたムードはほとんどなかったように記憶しています。年が明けて7日ほどで昭和は終わりを告げ平成がスタートしますが、不幸の後の改元ですから祝賀ムードはもちろんありませんでした。それに比べると今回の改元は明るい。歴史的に見れば天皇が存命中の改元が圧倒的に多いわけで、別に珍しいことではないはずですが、近代になってからは異例であるのもまた事実です。

昭和生まれの私が子供のころ、「明治は遠くなりにけり」という言葉がありました。そのころの自分には、大正生まれは前時代の人、さらにその前の明治生まれというのは遥かかなたの歴史上の人々のように思えたものです。それが今では「昭和は遠くなりにけり」。どんな元号になるのかわかりませんが、新しい時代の人からすると昭和生まれはもはや化石のような印象になるのかと思うと複雑な気分です。

さて、畑では昨年末(と言っても先週ですが)から一輪の菜の花が咲いています。写真では沢山咲いているように見えますが、かなり大きな1株の花です。 もちろん菜の花が咲くのは3月ごろですので、この菜の花は極端な早咲きです。咲いているのはこの1本だけ。 (ちなみに12月3日に書いたひまわりは結局咲くことはありませんでした。) 時期を見誤ったのでしょう。でもこの一輪の花が殺風景な冬の畑に暖かな潤いをもたらしています。新しい時代への転換を祝っているのでしょうか。これがいい兆しであればいいですね。昨年は災害の多い年でしたが、今年は明るい年となることを祈るばかりです。