平成最後の…

2019年が始まりました。平成最後のお正月です…とお祭り騒ぎで言えるのがなんだか不思議な気がします。と言うのも、改元は天皇崩御に伴って行われるという認識が刷り込まれているからでしょう。昭和から平成に変わったのが昭和64年。前年の年末から昭和天皇のご容態がかなり悪いということが知れ渡っていたので、この年の正月はおめでたムードはほとんどなかったように記憶しています。年が明けて7日ほどで昭和は終わりを告げ平成がスタートしますが、不幸の後の改元ですから祝賀ムードはもちろんありませんでした。それに比べると今回の改元は明るい。歴史的に見れば天皇が存命中の改元が圧倒的に多いわけで、別に珍しいことではないはずですが、近代になってからは異例であるのもまた事実です。

昭和生まれの私が子供のころ、「明治は遠くなりにけり」という言葉がありました。そのころの自分には、大正生まれは前時代の人、さらにその前の明治生まれというのは遥かかなたの歴史上の人々のように思えたものです。それが今では「昭和は遠くなりにけり」。どんな元号になるのかわかりませんが、新しい時代の人からすると昭和生まれはもはや化石のような印象になるのかと思うと複雑な気分です。

さて、畑では昨年末(と言っても先週ですが)から一輪の菜の花が咲いています。写真では沢山咲いているように見えますが、かなり大きな1株の花です。 もちろん菜の花が咲くのは3月ごろですので、この菜の花は極端な早咲きです。咲いているのはこの1本だけ。 (ちなみに12月3日に書いたひまわりは結局咲くことはありませんでした。) 時期を見誤ったのでしょう。でもこの一輪の花が殺風景な冬の畑に暖かな潤いをもたらしています。新しい時代への転換を祝っているのでしょうか。これがいい兆しであればいいですね。昨年は災害の多い年でしたが、今年は明るい年となることを祈るばかりです。

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です