桃栗3年柿8年……さて梅は?

梅の花が咲きました。豊後梅です。近づくととてもいい香りが漂っています。豊後梅は梅とアンズの交雑種だそうで、花が咲くのが遅めです。花の色はご覧の通り薄ピンク色。

ところでよく紅梅とか白梅とか言いますが、豊後梅はどちらでしょう。ピンク色だから色からするとその中間。ずっと気になっていましたが、実は紅梅・白梅の区別は花の色ではないんだそうです。幹(の内側)の色! 驚きです。とすると豊後梅は幹が白いから多分白梅。

この豊後梅は4年前に、栗と柿の苗木とともに植えました。いずれも接木苗です。栗の木は植えたその年に早くも実をつけました。梅と柿はまだ実がついたことがありません。よく桃栗3年柿8年と言います。確かに栗は早く、柿はなかなか実をつけません。では梅はどの位か? この言い回しには先がありますよね。でも「桃栗3年柿8年」までは一緒でもその先は地方によっていろいろなパターンがあるようです。柚子は大バカで18年だったり、梨が大バカで18年だったり。いやいや胡桃がもっと大バカで20年だったり。さて梅はというと、13年が多いようです。大バカではないようですが、それでも柿よりずっと長い! 当分この豊後梅の実にお目にかかることはできそうにありません。