寒い春

早いもので4月も後半に入りました。今年は3月がとても暖かかったのですが、その後、急に寒くなり、4月に入ってからは震えるような寒さが続いて、連日強風が吹き荒れ、まるで3月と4月が入れ替わってしまったかのような天気が続きました。

3月の暖かさにつられて例年よりも1週間ほど早く、3月16日にジャガイモの種芋を蒔きましたが、その後の寒さで一向に芽が出ませんでした。先週、ようやくいくつかの芽が出ていることを確認しましたが、これほど発芽まで時間がかかったことはありません。

せっかく顔を出した芽も、その直後の遅霜にやられてしまいました。写真のように黒ずんでしまったは遅霜にあたったからです。ほとんど芽が出ていなかったのが幸いして、大きな被害はありませんでした。皮肉なものです。

農業は天候の影響をもろに受けてしまうのでいつものことではありますが、本当に難しいものだなと思います。今週に入って本格的に暖かくなってきたのでもう大丈夫でしょう。このまま順調にいけば、6月下旬には芋が食べられそうです。

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA