春菊の花

今春菊の花が満開です。名前の通りキク科の植物で、春に花が咲くから春菊。当たり前過ぎて何とも面白味のない名前ですが、あの独特の香りと苦味は格別です。お鍋料理には欠かせません。天ぷらにしても最高です。ほかの野菜には置き換えることのできない食材です。意外に知られていませんが生食することもできます。

春菊は家庭菜園向きの植物で、秋にプランターに種を蒔いておけば冬のあいだ中食べることができます。寒さにはあまり強くないので、霜の当たるところには置かないほうがいいでしょう。摘むときは株ごと引っこ抜かずに、生え際から数センチぐらい残して上を切り取ります。そのまま放置しておくと株元からまた葉が伸びてきます。大きくなってきたらまた切り取って食べます。採りたての新鮮な春菊はぜひ生サラダで食べてみてください。おいしいですよ。

こうして冬のあいだ食して楽しんだ春菊をそのまま育てていると、やがて写真のようなきれいな花が咲きます。食べて楽しみ、眺めて楽しむ。最高の野菜ではありませんか。

 

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です