稲の苗

今まで話題にしたことがありませんでしたが、実は稲作もやっています。売るためではなく、自家用です。畑の地主さんから約1反の田んぼを借りて、見よう見まねで作っています。やり始めて5年目ですので、まだまだ初心者です。稲作の専門家からすればとんでもないやり方をしているかもしれませんが、それでも毎年美味しいお米がとれます。

田んぼの片隅に写真のような苗床を作って育てているのですが、5月初旬に蒔いた稲の苗が今青々と育っています。昨年はコシヒカリを作りましたが、今年は地元埼玉の「彩のきずな」を蒔いてみました。昨年特Aを取った埼玉自慢の品種です。

ほかの地域ではすでに田植えが終わっているところが多いと思いますが、このあたりは川越の中でも特に遅い地域です。これからこの一帯の田んぼには次々と水が入れられますが、田んぼが水で満たされると田園の風景は一変します。入れたばかりの水は澄んでいて、空や周辺の風景を鏡のようにきれいに映し出します。1年中でもっとも美しい光景が見られる時期です。それもほんの一時だけ。

さあ、今年はどんなお米がとれることか、今から楽しみです。

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です