水田の中干し

今年の梅雨は長かったですね。明けたのが7月下旬。この間、ほぼ毎日雨天が続きました。日照時間が極端に短く、稲作への影響も懸念されました。

稲作では真夏の一時期、意図的に水を枯らす中干しを行います。この地域では大体7月中旬ぐらいから下旬にかけて行いますが、今年は雨がずっと降っていたので中干しになりませんでした。水を堰き止めていても田んぼが乾かないのです。おまけに陽が照らないので、成長も今一。今年は凶作かと心配しましたが、8月に入ってからは打って変わって晴天続き。ようやく中干しができるようになり、成長も一気に進んできて、穂が出始めました。

この中干しですが、稲の根を活性化し、稲の倒伏防止の効果があるそうです。また土が固くなるので、田んぼに入って稗や粟などの雑草を取るのも楽になります。

9月に入ると緑の田園地帯は次第に黄金色へと変化していきます。9月も中旬になるとぼちぼち稲刈りも始まります。うちの田んぼでは毎年10月上旬に稲刈りをしています。新米の季節まであとわずか。猛烈な残暑が続いていますが、秋はもうすぐそこまで来ています。暑いのはうんざりですが、一方で夏の終わりというのは何となく物寂しくなりますね。

投稿者: 小径養蜂

小径ファーム&小径養蜂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です