野草の花(3)

野草の花シリーズ第3弾。黄色、赤ときたのでやはり青か。ということで青い花を探すと、ありました。ツユクサです。どこにでも生えているお馴染みの野草です。草刈りをして背の高い草がなくなると一面を覆いつくすように繁茂します。

花はとても小さく、数ミリ程度。でも写真のようにアップで見るとなかなか複雑な形をしていることがわかります。上方に青い2枚の花弁があり、その付け根から雄しべと雌しべが伸びています。雄しべは6本ですがその長さと形が3本、2本、1本という組み合わせで違っているのが凝っています。その背景にはもう1枚の白い花弁があります。

ツユクサの花は朝開いて午後にはしぼんでしまうそうです。「そうです」という言い方をするのは自分で確認したことがないからです。朝顔のように大きな花であれば見てわかりますが、なにしろツユクサは小さい。しかもたくさんの花が常に咲いているので、今咲いている花が昨日と同じ花なのか違う花なのかわかりません。こんど目印でもつけて観察してみます。

このツユクサは万葉集にも詠まれているほど古くから親しまれてきた野草です。その花の儚さが日本人の心を揺さぶるのでしょうか。たくさんの花を付けた一面のツユクサを遠くから眺めると、まるで絨毯を敷いたようでなかなか美しい光景ですが、畑にとってはやはり雑草。退治しなければなりません。