サツマイモ収穫

今年は10月に入ってもまだまだ暑い日が続いていて、焼き芋が恋しくなるのはまだまだ先になりそうですが、収穫は今がピークです。写真は収穫したばかりの紅はるかです。大きさがつかみにくいかもしれませんが、中央の一番長く見える芋の長さが大体30センチぐらい。今年はかなり成長がよく、大きめで多収、豊作でした。天候不順の夏でしたが、さすがは過去何度となく飢饉や食糧難を救ってきたサツマイモ。天候の影響を受けにくい、ありがたい農作物です。

川越と言えばサツマイモが有名ですが、現在はさほど生産量が多いわけではありません。江戸時代に三富(さんとめ)地区がサツマイモの生産地として開拓されましたが、現在もその名残を残しているのは三芳町です。武蔵野の広大な平地林と自然環境を生かしたサツマイモ生産が今も脈々と受け継がれています。

昭和のころまでは川越芋といえば主に紅赤という品種のことをさしていました。ホクホク系のサツマイモです。しかし紅赤は土を選び、しかも育てるのが難しくて収量も少ないことから、次第にすたれてしまいました。現在川越芋として出回っているのはほどんどが紅あずまです。紅あずまはホクホク感とねっとり感が程よく調和されていて甘みも強く、収量も多いことから今ではすっかり定番の品種となりました。ただ最近ではよりねっとり感が強く、より甘い品種がいくつも開発されています。紅はるかもそのひとつです。

我が農園では数年前まで紅赤を作っていました。そのころ川越市内で紅赤を作っていたのはほんの数軒しかありませんでした。川越芋の伝統を途切れさせないようにとの川越市からの要請で作っていたのですが、やはり生産を続けるのは難しく、結局やめてしまいました。今、川越市内で紅赤を作っている農家はほとんどなくなってしまったかもしれません。三芳町ではかろうじて数件の農家が今でも紅赤を生産し続けています。それらの農家さんには頭が下がります。

さて、品種に関わらず、収穫してすぐのサツマイモはあまり甘くありません。しばらく保存しておくと次第にでんぷんが糖化して甘くなっていきます。ただサツマイモは寒さに弱いため、保管には結構気を使います。冬を越すには保管用の設備も必要となりますから、我が農園のような設備のない零細な農家は年内に売りつくさなければなりません。

さあ、これからいよいよ本格的な焼き芋の季節を迎えます。みなさん、おいしいサツマイモをたくさん食べてくださいね。