サトイモ

 わが農園の主力商品はサトイモです。5月ごろに芽生えたサトイモは、真夏には人間の背丈ほどに成長し、太陽の光を最大限受け止めようと大きな葉を広げます。上の写真は8月に撮影したもので、一番勢いのある時期のようすです。

 葉の大きさを測ってみたところ、大きなもので70センチぐらいはあります。昔、子供の頃に雨に降られるとサトイモの葉を傘代わりにしていたことを思い出します。子どもであれば十分雨をしのぐことができそうですね。

 日本ではサトイモ栽培の歴史は稲よりも古く、縄文時代から栽培されていたと言われています。とても丈夫な野菜で、草刈り以外にはほとんど手間がかかりません。

 さて、9月になると次第に葉も元気を失ってきて、いよいよ収穫時期が近づいてきます。この時期、地下ではどうなっているかというと……。

 まだ小さいですが、写真で茎の根元のふっくらした部分が親芋です。そこから小芋が出ていて、さらにこの小芋に孫芋が付きます。その孫芋がみなさんがよく食べているサトイモです。一方、小芋は小頭とも言い、店頭でも販売されていることもありますが、やや硬めでネットリ感は孫芋には劣ります。ただ、一般的に価格が安いのでお買い得ではあります。

 ところで我が家の庭には今年、サトイモが1本勝手に生えてきました。去年の芋が転がっていたのでしょう。観葉植物としてそのまま放置しています。芋は期待できませんが、夏の風情があってなかなかオツなものです。サトイモは水耕栽培もできますので、室内で観葉植物として育てることも可能です。

 大きな葉がしおれてくると、いよいよ本格的なサトイモの季節となります。