秋の花、そして幸福の兆し

 秋の花というと多くの人がまず思い浮かべるのはコスモスかもしれません。漢字で書くと「秋桜」。桜好きの日本人は秋にも桜を咲かせました。今や秋になると日本中のいたるところでコスモスを見ることができます。赤、白、ピンクなどカラフルなコスモスの花が青い空のもとで一面に咲いていると、気候の良さと相まって実に清々しいものです。

 一輪の花を見ると、8枚の花びらを持つ一つの花のように見えますが、実はこれはたくさんの花の集合体。キク科の植物の特徴ですね。以前取り上げたタンポポと同じです。

 コスモスと同様に秋に群生して花を咲かせる植物といえば、彼岸花もあります。曼珠沙華と書くと独特の風情がありますね。夏の暑さが一段落した頃、突如地面からニョキニョキと花茎が伸びてきてお彼岸の頃に花を咲かせます。コスモスに比べると盛りの時期は短く、10月に入ると枯れて散っていきます。この彼岸花も一輪の花のように見える部分は複数の花の集合体ですが、独特の形をしています。真っ赤な色は綺麗でもあり、なんとなく不気味でもあります。

 花が散ると地面からはいっせいに葉が生え始めます。なんとも不思議な植物です。スイセンなどほかのヒガンバナ科の植物と同じように球根には毒がありますので、扱いには注意が必要です。

 さて何度も書いていますが、畑には様々な植物が勝手に生えてきます。畑は野菜を作る場所なので、野菜以外はすべて雑草ということになりますが、それは人間側の都合ですから、植物には関係ありません。放ったらかしているとだんだん大きな植物が繁茂してきて、やがていろいろな木も生えてきます。数年経つと雑木林のようになってしまいます。そんな遊休農地がこの近辺でもだんだん増えてきました。

 それはさておき、我が農園を観察して回ってみると、雑草の中にこんな花を見つけました。

 まるで大きな口を開けて黄色い舌を出しているような花ですね。アキギリ属の植物と思われます。他にも生えているかと思い、あちこち眺めて回ったのですが、他には見つかりませんでした。アキギリはシソ科の植物で、サルビアなどの仲間です。アキギリ自体はさほど珍しいものではありませんが、このような色形の花は今まで見たことがありません。

 またこの時期はカタバミの花もよく見かけます。小さな植物ですが繁殖力が旺盛なのでどこにでも生えてきます。

 ありふれた植物ですが、拡大してみると結構きれいな花です。その葉は3枚構成でよくクローバーと間違えられます。我が農園では両者が混在してあちらこちらに密生しています。それぞれの葉を見比べてみましょう。

 ご覧のようにカタバミの葉はハート型をしているのが特徴です。それに対してクローバーはというと……。

 写真を撮ろうと眺めていたら、思いがけず四つ葉のクローバーを見つけました。何かいいことがありそうな…。

 写真のようにクローバーの葉は楕円形で中に白い線があるのが特徴です。カタバミはカタバミ科ですが、クローバーはシロツメクサのことで、マメ科の植物です。ちなみにシロツメクサの花が咲くのは夏なので今は咲いていません。クローバーと間違えられるカタバミも四つ葉になることがごく稀にあるそうですが、見つけるのは至難の業だそうです。もし見つけたらクローバーよりもご利益があるかもしれませんね。