ヘビイチゴ

今いたる所にヘビイチゴの実が成っています。子供の頃よく採って集めたものです。親からはヘビイチゴは毒だから食べるなと言われていましたが、実は毒はないそうです。名前がおどろおどろしいので食べられないと思っていましたが、食べられるそうです。ただしまずいらしい。私は食べたことがありません。子供の頃の刷り込みで、食べる気にはなりません。

蛇は実際、食べるのでしょうか。よくわかりません。畑には蛇が結構たくさん生息しています。巨大なアオダイショウもいますし、見た目は綺麗なヤマカガシもよく見かけます。周りが田んぼなので、マムシも時々顔を出します。マムシは言うまでもありませんが、ヤマカガシも毒蛇です。油断できないですね。

それらの蛇たちがヘビイチゴを食べているところは見たことがありません。何でもカエルなどが大好物のようで、確かにカエルがたくさん出てくると蛇も多く見かけるようになります。基本的に肉食なんでしょうね。

さてこのヘビイチゴ、食用の役には立たないものの、小さなその赤い実を見ると何となく心がほのぼのとしてきます。なぜでしょう。

サトイモの芽

サトイモの芽が出てきました。小さくてもしっかりサトイモしていますね。サトイモは春に植えて、秋から冬にかけて収穫します。半年以上も畑を専有する栽培期間の長い野菜です。普通は花が咲きませんので、花から採れた種を撒くのではなく、種芋を保存しておいて植えます。ニンニクと同じです。ごく稀に花が咲くことがあるそうですが、我が農園では残念ながら見たことがありません。

サトイモは夏の間に大きく葉を成長させます。太陽の光を目一杯浴びて地下茎を膨らませていきます。最初に親芋が形成され、その親芋から小芋が派生してきます。私達が食べている里芋はこの小芋です。大きな株になると小芋に孫芋が付くこともあります。一方、サトイモの一種である八頭は親芋を食べます。赤芽芋とも言われるセレベスという品種は両方とも食用になります。八頭もセレベスも地上の茎(ずいき)を食べることができますが、一般的な里芋の茎はアクが強すぎるので食べません。

サトイモは縄文時代から栽培されていたそうです。稲作よりも早いんですね。芋ですからデンプンが主成分ですが、あのネバネバ成分はジャガイモやサツマイモにはない貴重な栄養源です。ネットリした里芋の煮っころがし、本当に美味しいですよね。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

 

 

崩れる天気、下る天気

ジャガイモが芽吹きました。今年は遅霜もなく、順調に育ちそうですが、土の状態を見てください。カサカサに乾いています。このひと月の間、パラパラ程度の雨が数回あった程度で、本格的な雨は全く降っていません。畑は砂漠のような状態になっています。昨日は家が揺れるほどの強風でした。畑の土が舞い上げられ、視界が霞むほどでした。

農業をしていると天気予報は欠かさず見ることになるのですが、今朝の天気予報では予報士がこんなことを言っていました。「今日は昨日ほど気温は上がりませんが、風は収まり、雨の心配もありません。天気が崩れる心配はないでしょう。」

確かに青空が広がった晴天は気持ちのいいものですが、だからといって雨を全面的に悪者扱いするのもどうかと思います。雨が降るのは「心配」なことで、雨が降る日は「天気が崩れる」日という言い分は、かなり一方的な価値観を交えた表現です。人々の食を支える農業のことなどとんと眼中にないのでしょう。古代では雨乞いは為政者の重要な職務でした。天候による農作物への影響はまさに死活問題だったからです。今でも各地に昔から続く雨乞いの行事が残っています。

雨が降っては困る人もいれば降らなければ困る人もいる。前者が圧倒的に多いだろうからこれで良い、ということにいつのまにかなってしまったんでしょうね。その天気予報によると、明日からだんだん天気は下り坂で、明後日の日曜日は雨になるそうです。言葉遣いはともかく、農業従事者としてはその予報が当たることを祈るばかりです。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

 

百花繚乱

平昌オリンピックで日本選手団主将を務めた小平奈緒さんが口にしていた言葉「百花繚乱」。いつも思うのですが、小平奈緒さんのインタビューでの言葉はとても奥が深い。まるで詩のような趣を感じます。小平さんに限らず、最近のスポーツ選手は、十代の若い選手でもインタビューの受け答えがとても上手だなと感心します。運動能力に秀でた人は地頭もいいのかなと思うことしきりです。

さて今、世はまさに文字通りの百花繚乱の季節となりました。つい10日ほど前は雪が降っていたというのに、すでに春を通り越して早くも初夏のような陽気です。去年の夏は雨ばかり降っていました。秋は急速に冷え込み、寒く長い冬が続いたと思ったらこの暖かさです。野菜の値段が高騰したのもつかの間、今は成長しすぎで今度はダブつきそうです。この数年、異常気象の連続です。

農業は天候次第。毎年条件が異なります。その中で安定した生産量と収入を維持するのは並大抵のことではありません。農業従事者の高齢化は大問題ですが、かと言って若い人に勧められるかというと躊躇せざるを得ません。いずれ野菜も工場生産となる流れは変えようもない気がします。わが農場のような非生産的な農業はやがて淘汰される運命なのでしょうね。でもまだ当分続けますよ。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

つぼみ

2月も半分が過ぎてしまいました。いつもならもうそろそろ梅の花がちらほらと咲き始めるころですが、今年はやはり寒いのでしょう、まだあまり見かけません。

我が農場にも1本だけ豊後梅があるのですが、ご覧の通り、まだまだ固いつぼみのままです。もともとこの梅は咲くのが遅いのですが、近所の白梅・紅梅もまだ開いている様子はないので、この豊後梅の花が開くのは3月になるかもしれません。

畑のアブラナ科の野菜たちもまだひたすら寒さに耐えている状態です。畑一面が菜の花に彩られるのはまだまだ先になりそうです。

今、唯一出荷しているのは里芋です。里芋は前年の芋を種芋用に保管しておいて植えるので、典型的な固定種です。我が農場の里芋も、10年前に里芋栽培を始めた時から面々と栽培を続けてきた固定種。この農場でも7年間栽培してきているので、ここの土や気候にもかなり対応してきたようで、以前よりも耐寒性が強まってきた感じがします。以前は2月に入ると急に良品率が低下してしまいましたが、今年は3月まで出荷できそうです。

 

冬来たりなば

2018年が始まりました。時間が車窓の風景のように飛び過ぎていきます。少しの間だけでいいから止まってくれないかなと思うことしばしばです。

畑は相変わらずの冬景色です。一面枯草色に染まっている中にポツンと黄色い点が目に入りました。近づいて見ると小さなタンポポの花が一輪咲いていました。こんなに寒いのに、何を勘違いしたのか、花を開かせてしまったんですね。朝は氷点下になりますが、枯草に身を潜めてけなげに咲いています。案外丈夫なんですね。

冬来たりなば春遠からじ。春は案外近くに来ているのかもしれません。かつては春が待ち遠しかったものですが、年を重ねるにつけ、そんなに早く時間を進めないでくれという気持ちが強くなってきました。もっとゆっくりゆっくり生きていきたいと思う今日この頃です。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

ミツバチとアメリカセンダングサ

今の時期、そこいら中の空き地を黄色く染めているのはセイタカアワダチソウとアメリカセンダングサの花です。いずれも外来植物で繁殖力旺盛。どこにでも生えてきます。

アメリカセンダングサは、秋になると写真のような黄色い小さな花を咲かせます。ミツバチたちはこの花が大好物。せっせと花粉を集めています。写真のミツバチを見てください。足の付け根に花粉の固まりが付いていますね。こうして花粉を巣に運んでいきます。

どんどん増えていくので雑草と考えるとやっかいな植物ですが、ミツバチにとっては貴重な栄養源なので、我が農場では畑として利用しているところ以外はそのまま放置しています。花の時期が終われば刈り取らなければなりませんが、アメリカセンダングサは種ができるとこれがまたやっかい。種の先にカギ状の針がついていて衣服にびっしりとくっついてしまいます。払ったくらいでは取れません。我が愛犬も畑を走り回っているうちに全身種だらけとなり、後始末に一苦労です。

人間にくっついたり動物にくっついたりして、あちこちに種が運ばれ、またその地で勢力を広げていく。その繁殖力には脱帽です。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

キクイモの花

毎年お彼岸の頃になるとキクイモの花が咲きます。名前の通り菊のような花です。で、名前の通り芋もできます。このキクイモ、キク科ヒマワリ属だそうです。ヒマワリの仲間なんですね。

キクイモの芋はもちろん地下にできます。ゴツゴツした拳よりもやや小さな塊茎です。芋と言ってもデンプンはほとんど含まれないので、カロリーは極めて低い。その上、イヌリンというインスリンに似た成分が含まれているため、健康食として注目されています。芋自体にはさほど味がなく、淡泊。煮たり焼いたり、漬け物にしたり、まあどんな調理法でも食べられます。

キクイモは11月から4月ごろまで収穫できます。真冬の野菜が採れない時期なので重宝するのですが、まだ知名度が低いため、スーパーに出してもあまり売れません。もっともっと注目して欲しい食材です。

ところでこのキクイモ、とても生命力が強く、一度植えるとどんどん増えていきます。逆にもう栽培を止めたいと思っても、なかなか根絶やしにすることができません。前回取り上げたオクラも同じですが、人間が食べて体にいい野菜はとにかく生命力が強い。その生命力にあやかれたら最高です。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

夏から秋へ

秋が深まってきました。これまで大活躍してくれた夏野菜たちも次第に元気がなくなってきました。この数ヶ月間、私たちの胃袋を支え、楽しませてくれて本当にありがとう! と手を合わせたくなる季節です。

そんな夏野菜の中で最後まで踏ん張るのがオクラ。わずか10センチぐらいの背丈のときから片時も休むことなくひたすら実を付け続け、いまや2メートルを超える身長に。まだまだ美しい花を咲かせてがんばっています。10月いっぱいは元気です。

夏の初めごろは地面に這いつくばるように身をかがめて収穫していたのが、今では背伸びしないと届きません。そんなオクラを眺めていると、今年もまた1年が終わっていくなと、しみじみとした寂しさを感じます。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

オオスズメバチ襲来

久々にミツバチの話題です。去年の今頃にもスズメバチの話題をいくつか書きましたが、今年もまたスズメバチに悩まされる時期となりました。

我が養蜂場では現在4群を飼育しています。今年はかなりの強勢群になったため、蜂蜜もたくさんとれました。これからはそろそろ越冬に向けての準備期間に入っていきます。ここで群勢が衰えてしまうと真冬に全滅してしまわないとも限りません。大敵はダニとスズメバチです。ダニは薬で対処しますが、やっかいなのがスズメバチ。それも大群で押し寄せるオオスズメバチは大敵です。

この時期は毎日、朝点検に行くとオオスズメバチが大挙して巣箱を襲っています。巣箱には捕獲器を付けているのですが、それでも巣箱の前はミツバチの死骸が山となります。集中的に襲われた巣箱の群は一気に衰退してしまうこともしばしば。防護服に身を包んで、オオスズメバチを叩き殺していきます。敵は数が多いので焼け石に水かもしれませんが、放ってはおけません。

写真は捕獲器にかかったオオスズメバチです。この日は十数匹が捕獲されていました。意外なことに、あれほど凶暴なスズメバチですが、こうして捕獲されると2~3時間で死んでしまいます。マグロやカツオは泳いでいないと死んでしまうそうですが、スズメバチは自由に飛び回れないと死んでしまうのでしょうか。調べましたがわかりません。研究したら面白いかも。

小径ファーム&小径養蜂はこちら