カエデの花と春の雪

今年の桜は川越近辺では3月20日ごろに開花しました。異例の早さです。その後一気に寒くなったので、4月2日現在でもまだほぼ満開状態を保っています。寒さと言えば驚いたのが3月29日の雪。今年は異常ともいえる暖冬だったので、3月中旬ごろはこのまま初夏に突入かと思ったくらいでしたが、さすがに近頃の気候は一筋縄ではいきませんね。

桜の花が華々しく咲き乱れるころ、ひっそりと人目をはばかるかのように咲いているのがカエデの花です。カエデは秋には紅葉の主役として人々の視線を集めますが、春にひそかに開いているその花に気づく人はめったにいないのではないでしょうか。とても小さな花で、もちろん種も付けます。種は風に運ばれて辿り着いた先で、運がよければ芽吹いて育ちます。都会ではなかなか難しいでしょうが。

この日、朝から降り始めた雪は昼ごろには我が家の庭も真っ白に覆われるほど積もりましたが、そこは春の淡雪、数時間で溶けてしまいました。何とも儚い雪景色でしたが、新型コロナウイルスの影響で重苦しい雰囲気が漂う中、わずかばかりの憩いのひと時ではありました。

以前も書いたことがありますが、我が農園には雉が生息しています。雉は草むらに巣を作るので、草むらがないところには住み着きません。その点我が農園は安住の地と言えるでしょう。

写真はオスです。派手な色合いで、しかもけたたましい鳴き声を上げるので、すぐに見つけることができます。オスは自分の縄張りに定住していて、メスはオスの縄張りを渡り歩くのだそうです。雉の寿命は10年以上あるようなので、以前掲載した(2016年5月)写真のオスと同じ個体かもしれません。メスは全体が茶色であまり目立ちません。4月から7月にかけて卵を産んで子育てをします。我が農園でもその時期、メスの親子をよく見かけます。

雉は野菜の若芽をつつくので農園にとってはあまりありがたい存在とは言えませんが、カラスやヒヨドリ、ムクドリなどに比べて個体数が圧倒的に少ないのでさほどの影響はありません。畑の中を悠然と歩きまわっている雉を見かけるとなぜか心が和みます。しかも国鳥です。なんとなく有難味すら感じます。同じ鳥でもカラスとは大違いです。

雉は鳥でありながらニワトリと同じで大空をはばたいて飛ぶことができません。地上を歩き回る(時に走り回る)鳥です。でも全然飛べないわけではありません。天敵に襲われたり驚いた時には低空飛行で100メートルぐらい飛びます。近くで見るとなかなかの迫力です。一度飛んでいる姿を撮影したいと思っているのですが、なかなかタイミングよくそういう場面に出くわしません。やはり動物カメラマンにはかないませんね。

ネギ坊主

取り残してそのまま放置しておいたネギの花が咲きました。いわゆるネギ坊主です。このネギ坊主も蕾のうちなら食べられます。天ぷらにするとなかなかの珍味で、酒の肴にもってこいですが、スーパーでは売ってませんよね。家庭菜園をやっている人は試してください。

写真はすっかり開ききっているので、こうなると種ができていてもう食べられません 。花はともかく、トウ立ちしたネギは固くて、ネギ自体食用にはなりません。ではこれらのネギはもう廃棄するしかないのか、というと違うんですね。

トウ立ちしたネギの真ん中くらいのところから上部をスパッと切り落としてしまいます。それを掘り出して植え替えます。しばらくすると新しい芽が出てきて、やがて古い株は枯れていきます。こうしてまた1本のネギになります。もちろん普通のネギです。食べられます。古いネギの再生です。実は、写真のネギはそのようにして再生、再生を繰り返し、5年ぐらい経ったものです。種から育てたネギを販売し、残ったネギはこのように再生して自家用にしています。いつものことながら、植物って本当に面白いですね。

小径ファーム&小径養蜂はこちら

いずれあやめかかきつばた

畑にはいろいろな植物が自然に生えてくるという話を以前しましたが、今年は写真のアヤメが現れました。去年までは影も形もありませんでした。種が飛んできて生えたのでしょうか。アヤメは種から育てると花が咲くまで3年ぐらいかかるそうなので、去年は葉っぱだけ生えていたのかもしれません。

ところでアヤメによく似た植物にカキツバタがあります。なかなか両者の区別はつきにくいのですが、アヤメは畑など乾燥したところでも育ち、カキツバタは湿地帯に育つそうなので、これはアヤメでしょう。

アヤメもカキツバタも漢字で書くと菖蒲。ややこしいことこの上ない。おまけに花菖蒲という種類もあって、ますますややこしくなります。その上、菖蒲湯にいれる菖蒲は全然別物で、サトイモに近い種類とか。花もまったく別物です。なのにこれも菖蒲。頭がこんがらがってしまいます。何でこんなことになったのか、結局昔の人はそれぞれの区別がつかないから全部ひっくるめて菖蒲にしてしまったのでは? というのは穿ち過ぎでしょうか。

小径ファーム&小径養蜂はこちら